葬儀のことなら専門の業者へ|故人を偲ぶキラキラ葬儀

お墓

質素な葬儀

後悔しないためには

葬式

近年、火葬のみという簡略化された形式の葬儀を営む人が少しずつ増えてきました。本当は立派な葬儀を営みたいという希望を持っていても、経済的な余裕がないために仕方なく火葬のみで済ませるというケースもあれば、人付き合いの煩わしさから逃れるために火葬だけでサッサと葬儀を済ませてしまうというケースもあります。人間が亡くなると様々な手続きを取る必要が生じますので、その作業をこなすだけでも疲れてしまう人が少なくありません。また、世間体を保つためだけに通夜や告別式を行うのであれば、いっそのこと何もしないで火葬だけで済ませてしまう方がスッキリすると考える人もいます。ただし、特別なことを何もしなかったせいで、時間が経ってから後悔の念に苛まされるようになるケースがしばしばあります。そのような事態を避けたいのであれば、火葬だけで済ます場合でも、僧侶を呼んで読経してもらうなど、自分の中で区切りをつけるための何らかの儀式を行うようにした方がよいです。

今後の葬儀

今後は、火葬式や一日葬など、簡略化された形式の葬儀が営まれるケースが今以上に増えるだろうと予想されています。なぜかというと、社会全体の世代バランスが非常に悪くなっているためです。日本社会全体の少子高齢化が急激なスピードで進行していることは、周知の事実です。年齢が高くなればなるほど死亡リスクも高くなりますので、これからは大勢の人が亡くなっていくはずです。しかし、葬儀を主催する立場である若年層の数が減っていますので、過大な葬儀費用を負担しきることができません。また、生涯を独身のままで過ごす人や、子供を持たないという選択をする人が増えたため、親戚の数がとても少なくなっています。結果的に、参列者の少ない寂しい葬儀になってしまう可能性が高いため、今後は規模の小さい簡略化された葬儀が主流になっていくと考えられています。