葬儀のことなら専門の業者へ|故人を偲ぶキラキラ葬儀

お墓

心残りのない葬儀

新しい形式の葬儀

葬式

ここ数年、一昔前には見られなかったような形式の葬儀を営む人が増えてきました。なぜそのようになってきたのかというと、時代の移り変わりと共に人々の価値観が変わり、古くからの慣習にとらわれない新しい形式の葬儀でも柔軟に受け入れる人が増えたためです。以前は、とりあえず形を整えることを重視する傾向が強かったので、従来から行なわれてきた形式以外の方法で葬儀を営むことがとても難しくなっていました。しかし、形式ばかりを重視することに違和感を覚える人が増えた結果、近年では新しい形式の葬儀が営まれるケースがグッと多くなりました。東大阪で営業している葬儀社はたくさんありますが、新しい形式の葬儀プランを扱っている葬儀社の数が年々増えてきています。これは東大阪以外の地域でも見られる傾向なのですが、東大阪では家族葬が高い人気を集めています。なぜ家族葬が人気になっているのかというと、儀礼的な弔問客の対応に煩わされることなく、心のこもった見送りをすることができるというメリットがあるためです。

満足できる葬儀

葬儀は、2つの機能を有している儀式です。まず1つは、誰かが亡くなったことを世間に告知するための機能です。そしてもう1つは、その人の死を現実のこととして受け入れるための機能です。大切な人を失ってしまった遺族は、まるで悪い夢を見ているかのような気持ちに陥ってしまうのが普通です。しかし、葬儀を執り行う過程で少しずつ故人の死を現実のこととして認めることができるようになっていきます。ですが、従来型の形式で葬儀を行った場合、この遺族の心の再生という機能が軽視されがちです。葬儀の際に故人の死をキチンと受け入れることができていないと、その後の心に立ち直りに長い時間がかかってしまうようになります。そのため、故人との最後の時間を濃密なものにすることができる家族葬が人気になっているのです。先程も少し触れたように、東大阪には数多くの葬儀社がありますが、全ての葬儀社が家族葬プランを提供しているわけではありませんので、家族葬を希望している人は、事前によく確認してみるようにした方がよいです。